PT・OTを対象とした研修システム 「研修療法士制度」のご案内 (2/3)

【研修の詳細】

区分 研修名 研修内容
研修区分A
 PDF
新人理学療法士研修
(レジデント)
新卒の理学療法士に対して、基礎的な研修を行います。対象疾患は運動器を主体に、呼吸器、循環器、代謝疾患、神経難病、小児なども経験します。
研修区分B
 PDF
集中治療病棟理学療法研修
(フェロー)
高度急性期医療における理学療法の実際を学びます。終日、高度救命救急センター・ICU病棟にて研修をおこないます。3学会合同呼吸療法認定士の資格取得を目指した指導もおこないます。
研修区分C

呼吸器理学療法研修
 (注)2022年度は募集予定なし
急性期呼吸器疾患、慢性期呼吸器疾患の理学療法を研修します。3学会合同呼吸療法認定士の資格取得を目指した指導もおこないます。
研修区分D
 PDF
循環器理学療法研修
(フェロー)

循環器理学療法の基礎から実践導入の初歩を学びます。1年の実務経験、また症例レポートの作成指導を行うため心臓リハビリテーション指導士の受験資格を得ることができます。
重症心不全や心臓血管外科術後などの超急性期から維持期の理学療法士の専門的知識獲得に加え、心不全センターと協働し包括的心臓リハビリテーションについても指導を行います。
詳しくはこちら
(新)循環器リハビリテーション教育プログラム2018

研修区分E
運動器理学療法研修
 (注)2022年度は募集予定なし
骨関節疾患、運動器全般の研修を行ないます。膝、肩、肘、スポーツ外傷といった部位・分野に限定した専門的な理学療法の研修もおこないます。
研修区分F
 PDF
新人作業療法士研修
(レジデント)
新卒の作業療法士に対して、基礎的な研修だけでなく、高度急性期医療や在宅生活を見据えた作業療法士の育成をおこないます。

 

【一般職員との比較】

  研修生 一般職員
身分

大学病院職員

大学病院職員
勤務期間

区分A(新人理学)=2年
 区分B(集中治療)=1年
 区分C(呼吸器) =1年
 区分D(循環器) =1年
 区分E(運動器) =1年
 区分F(新人作業)=2年

3年
雇用の更新 なし

なし
(3年目に常勤試験あり)

新規採用時の処遇 契約職員 契約職員

 

【現在の勤務先に所属しながらの研修】

本研修制度では研修区分B~Eに限り、現在勤務している病院に所属しながら研修を受けること(在籍出向)も可能です。下の問い合わせ先にご相談ください。

 

【2022年度 レジデント・フェロー募集】 

2022年度のレジデント・フェローの募集は終了しました。

 

【お問い合わせのFQA】

研修療法士募集についてFQAを掲載します。下記以外のご質問等ございましたらお気軽にお尋ねください。

Q1  募集時期は?
A1  前年度の8月頃に開始する予定です。通常、募集期間は1か月くらいを設けます。
Q2  選考方法を教えてください?
A2  例年どおり、一次選考は書類審査、2次選考は面接試験、筆記試験、適正試験を予定しています。過去の試験内容は公開しておりません。一般急性期で勤務することを目標にしているので、高度な知識や技術を問うものではありません。
Q3  選考基準はどのようなものでしょうか?
A3  試験の成績もポイントですが、本人の希望と当院の教育体制とのマッチングを重視しております。
Q4  施設見学はできますか?
A4  原則的に、施設見学は必須です。予め研修希望区分と希望日時(複数)を決めてメールでご連絡ください。その際、所属名称または学校名と氏名を記載してください。応募を検討するための見学でも大丈夫です。
Q5  臨床経験7年目ですが、応募可能ですか?
A5  応募は可能です。しかし原則的に、新卒者や臨床経験の浅い方を対象にしています。具体的な年数は規定しておりませんが、高度かつ専門的な研修が1年間で完遂できるわけではありません。本研修がご自身の求める内容、レベルと合致しているか一度見学のうえ検討ください。

【問い合わせ先】

診療支援部リハビリテーション部門
 担当 平田和彦(PT)  

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

     

    • 更新日:2021年10月14日